カード引くだけ!新聞取材に繋がるあなたの強みが簡単にわかる方法

新聞の取材受けたいけど、自分の強みが何か分からないし、上手く言えない。意外と多くの相談があります。

とはいえ、自分の強みは知りたいんだけど・・・
・じっくり取り組む時間はないし
・面倒なのはいやだし、煩わしいのもいや
・そもそも何をしたら分かるんだろう?

そういうお悩みをお持ちの方に最適な解決方法をお伝えします。

自己理解、強み診断は簡単にできる

今回は、たった1分WEB上でカードを10枚引くだけで、あなたの強みを簡易診断する方法をご紹介します。

このカードは元々一流企業の研修などで30万人に利用されているから安心です。

面倒で先延ばしにしていた自己理解が、簡単に出来て、メディア紹介活動が一気に加速しますの最後までお読みくださいね。

カード引くだけで自己理解できるツールの使い方

実際に強み診断をして頂く前に、簡単な手順をご説明しておきます。

所要時間はたった約3分

カードには、日本人の性格や考え方等を52種類に集約、分類してあります。自分が直感的に、「これだ」と思うものを「10枚」選ぶだけです。平均的な所要時間は約3分です。時間をかけて考えず正直にチョイスした方が正しい結果が出ます。

☆☆☆無料診断は下記LINE公式アカウントから☆☆☆
https://lin.ee/89U8mwo

一般的な自己理解ツールとの違いは

自分の強みを発見する一般的な方法は大きく分けて以下の2通りあります。最大の違いは「日本人に特化している」「簡単でわかりやすい」「どんな用途にも使える」という点です。少し説明しておきます。

(1)自己棚卸の方法
過去の経験や自分の信条などを徹底的に洗い出す方法です。年齢・経験にもよりますが、一般的には数万字を書きだす必要があると言われており、とても体力がかかります。

(2)アセスメントツールの活用
世の中には沢山の自己理解ツール、いわゆる「アセスメントツール」があります。代表的なものは、ストレングス・ファインダー、各種性格診断、エゴグラムなどです。特徴としてはどれも、「質問数が多い」「外国から入ってきた手法で難解な用語がある」「用途が適職診断などに限られる」と言えます。

そんな簡単で診断結果は信用できるのか

答えはYESです。信頼できるのには3つの理由があります。

①多くの一流企業や自治体の自己理解研修で、既に30万人を対象に使われてきた実績があります。

②オフィシャルな心理学に基づき、日本人10,000人のパーソナリティ分析から導かれています。

③サイト運営者は当カードの公認インストラクターで、且つ自己理解を促すコンサルティングのプロ、国家資格キャリアコンサルタントです。

強み発見カードでわかること

・あなたのビジネスの強み
・取材依頼する新聞記者へ効果的なコミュニケーション手法

☆☆☆無料診断は下記LINE公式アカウントから☆☆☆
https://lin.ee/89U8mwo

記事のまとめ

最後にお伝えしたいことをひとまとめにしますと

新聞に取材依頼をするプレスリリースを書くとき、よくキラーコンセプト、キラーコンテンツ、あなたならではの強みを書けと言われます。その為には、自分のキャリアの棚卸が有効とか、棚卸は2万字以上必要とか、ストレングスファインダーを使ったコーチングを受けると良いとか周りからだったり、SNSだったりで言われてきたと思います。

でも、正直棚卸している時間なんて無い、コーチングなんか受けてる時間もお金もないというのが本音でしょう。

そんなあなたに是非活用してほしいと思います。

この記事が、あなたのメディア紹介獲得やビジネス繁栄に役立つことを願ってやみません。
是非、成功してください。心から応援しています。

☆☆☆無料診断は下記LINE公式アカウントから☆☆☆
https://lin.ee/89U8mwo

YouTubeチャンネル登録もぜひよろしくお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCDoAuCqSLqzQcmySylOmf0A

また、山口正人ってどんな人?と思う方も多いでしょう。
ぜひ、私の逆転人生のYouTubeチャンネルをご覧になってくださいね♪

逆転人生編 動画 10分

無料進呈 メディア記者にこっそり教えてもらった 【メディアに取材されるための必須10のダンドリ・チェックシート】

ダンドリチェックシートイメージ あながメディアに掲載されるための最初の準備として「メディアに取材されるための必須10のダンドリチェックシート」を使えば、私が長年の経験で、記者に教えてもらった、効率良く最短でメディアに取上げられるための、必要十分条件が一目でわかります。 ・取材依頼する際の基本的な心掛け ・成功する伝え方 ・成功する取材依頼状の分量  など すでに取材依頼活動(プレスリリースの作成・送付)の経験がある方にも、必ず参考になる内容です。ぜひ、無料でダウンロードして、メディア紹介獲得にお役立ててください。

無料チェックシートの申込→

新聞は読むより出るべき理論の専門家 山口正人

新聞は読むより出るべき理論の専門家 山口正人

CEO

新聞は読むより出るべき理論の専門家
大手広告代理店で宣伝PRプランナー歴18年。信念・世界観の表現が苦手な経営者を、新聞掲載で誰よりも早くカンタンに事業目的のゴールへ導く施専門家。受講者からは「最短2か月で、日経新聞・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞に、掲載されました」「強固な自分軸できた」「このご縁は私の宝物です」「アドバイスが適切で分かりやすい」「面倒見が良い」という声を頂く。

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ・FAQ

TEL:090-5392-1089

(月 - 金 10:00 - 18:00)カスタマーサポート